紫ウコンのご紹介

生産量3500キロ

別名をガジュツといい中国漢方では古くから芳香性健胃剤や血行促進剤として使用されてきました。
ウコンといえば、「クルクミン」ですが、この紫ウコンにはほとんど含まれていません。

その代わりに『精油成分』が非常に多いことが知られています。

精油成分というのは整腸作用、殺菌作用、さらに抗酸化作用が強く、また余分なコレステロールを排出したり代謝をあげる成分でもあるという研究結果も出ています。
主成分である「シネオール」という精油成分には血液を浄化して基礎代謝を活性化する効果があるので、ダイエットの心強い味方になりますよ。

http://www.okinawaharuukon.com/SHOP/33511/list.html